未分類

MELLIF(メリフ)バームクレンズは安全?成分効果や副作用の危険度を徹底調査した結果!

この記事ではMELLIF(メリフ)バームクレンズの安全性についてご紹介しています。

SNSでも話題のクレンジング料ですが、毎日お肌に使うものなので成分や副作用は大丈夫でしょうか?

徹底調査した結果、MELLIF(メリフ)バームクレンズはお肌に優しい成分のみの使用でした!

早速お得に手に入れたいと言う人は公式サイトを、成分表の一覧を確認したいと言う人はこの記事をしっかりと読んでみて下さい!

安全性が高い!メリフを20%OFFで購入する!

成分名 効果 副作用の危険度
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル エモリエント作用のある成分です。
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル クレンジング剤の洗浄基盤となる成分です。
炭酸ジカブリリアル 溶解剤として使用されている成分です。
ポリエチレン スクラブとして配合されています。
トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル 乳化成分です。
ペンチレングリコール 肌を柔らかくし、保湿する成分です。
トコフェロール 過酸化脂質の発生を抑える成分です。
肌の6割は水分だといわれています。
BG 保湿効果とともに防腐効果も得られる成分です。
アスタキサンチン 抗酸化効果が高いことで知られています。
コメヌカ油 紫外線を吸収するのを抑えてくれます。
アーモンド油 保湿効果のある成分です。
アルガニアスピノサ核油 抗老化作用があります。
オリーブ油 肌を洗浄し、保湿します。
ゴマ油 抗老化作用のある成分です。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 美白作用がある成分です。
ホホバ種子油 エモリエント作用に優れています。
ローズヒップ油 皮膚を再生する作用があるといわれています。
加水分解ヒアルロン酸 水分を保持して肌を保湿します。
デキストリン 食物繊維です。
乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液 肌をなめらかに整える成分です。
グリセリン バリア機能を改善する成分です。
パパイン ピーリング効果のある成分です。
オレイン酸ポリグリセリル‐10 乳化剤です。
ラウロイルラクチレートNa 乳化目的で配合されています。
レシチン 保湿とともに乳化作用もあります。
ウンシュウミカン果皮エキス 炎症を抑え、血行を良くします。
ローズマリー葉エキス 炎症や酸化を抑える成分です。
オリーブ葉エキス コラーゲン生成に役立ちます。
ハマメリス葉エキス 収斂や抗炎症作用があります。
コメヌカエキス 保湿や美白に効果を発揮します。
セラミドNP 小じわが出来ないよう働きかけます。
ベニバナエキス 炎症や酸化を防ぎます。
水溶性プロテオグリカン 保湿効果のある成分です。
レモン果実エキス 抗酸化作用・美白作用があります。
セラミドAP 肌が正常にターンオーバーするように働きかけます。
フィトスフィンゴシン ニキビが炎症を起こさないように働きます。
コレステロール 保湿・バリア機能改善に効果のある成分です。
ヨモギ葉エキス 収れんして、色素が沈着しないように働きます。
キサンタンガム 増粘作用があります。
カルボマー 増粘剤です。
コメヌカスフィンゴ糖脂質 肌を保湿して、バリア機能を改善させます。
ウコン根茎エキス 老化や炎症を抑制します。
アーチチョーク葉エキス 美白効果のある成分です。
ユズ果実エキス 潤いを与えるとともに、ピーリング作用もあります。
セラミドEOP 肌のバリア機能に働きかけます。

副作用危険度:当サイト運営者の判断で記載

MELLIF(メリフ)バームクレンズに含まれる成分一覧です。MELLIF(メリフ)バームクレンズには46種類の成分が使われています。

これだけの成分があると、危険度の高い成分があるのでは?と気になる方もいるかと思いますが、MELLIF(メリフ)バームクレンズには副作用の出るような成分は一切含まれていません!

防腐剤も使用されていないので、お肌に優しい成分のみの使用となっているのが分かりますね♪

また、敏感肌の人が避けたいであろうエタノール・シリコン・鉱物油・香料・着色料・パラベン・紫外線吸収剤・旧表示指定成分の8つは無添加です!

ですので、どんな肌質の人でも使う事ができるでしょう。

また、製造場所もGMP工場で国の厳しい基準に則した製造徹底した工場で作られているので、信頼できる国内生産となってます。

毛穴ケア化粧品を探しているのであれば、安全性と信頼性の高いMELLIF(メリフ)バームクレンズを試してみてはいかがでしょうか?

安全性が高い!メリフを20%OFFで購入する!